STEREO CLUB TOKYO

« 夜光貝 | メイン

まさにリアリストの本

 一時、ステレオ写真に関する機材の調達をebayでやっていた。とにかく本場の米国のマーケット、日本のお店ではなかなか手に入らないようなものがざくざく手に入る。おもしろかった。
 ここで、たびたびebayのステレオカテゴリに登場するのがDr.Tという人物。米国のステレオ愛好家の間では有名人である。僕もebayで彼から何度も機材などを購入していたけど、いつも取引はスムーズで、なにより取引で感じられるのが彼の人柄。ステレオに関して知識豊富なだけでなく、とても紳士なのだ。
 その彼がリアリストについて書いた本がある。これもロムニーブックのような家内工業的に作った感じで、一般書籍という体裁じゃない。だけど内容はとても多岐に渡っていて、タイトルにあるように使い方とメンテナンスがこれ一冊でわかるというもの。全部英語で書かれているので読み解くのに苦労はいるが、図や写真も丁寧に入れられているのでわかりやすい。
 この本のおかげでリアリストの距離計調整が自分でできるようになったし、曇ったミラーを新しいものに換えたりもした。距離計だけでなく、ほかにもメンテナンスに必要な内部の構造や調整の仕方が詳細に解説してある。さすがマニアの中の頂点に立つ人だ。リアリストについてはこの本の中に必要なことがほぼ全部入っている。
 読み進んでいくと、リアリストをヨーロピアンフォーマットに改造した人がいる、という驚きの記事が載っている。どのように改造したのかの詳細は記されていないものの、改造カメラの一部写真が載っていたりしてこれには刺激された。フィルムの送り機構をどう改造するかがポイントになるのだが、これがわからない。不思議のなぞは解かねばならぬ。いつか自分もやってみようと思い、そしてついに作ってしまった(過去ログをご覧下さい)。
 僕がこの本を買ったのは2000年ぐらいだったかな。あれからだいぶ経ちますが、まだebayで購入できるようです。おすすめです。

    

投稿者 J_Sekiguchi : 2018年01月11日 10:00


URL: http://here.there.jp/mt-tb_there.cgi/4245

コメント

コメントしてください




保存しますか?