STEREO CLUB Tokyo

ステレオリアリストのひみつを探るコラム

ステレオカメラ・カタログ

 ステレオカメラを網羅したカタログというものがあったらいいのに。今でも、ネット情報を検索してもフィルムを使うステレオカメラの情報は限られている。リアリストのような量産されたカメラの情報は手に入るものの、その他のものになるとぐっと情報が少なくなる。
 僕がリアリストを手に入れた1998年頃、ステレオカメラの情報を探っていると、日本より海外の方がステレオカメラの愛好家が多く、またマニアック度が高い人達がいるという事がわかってきた。その中でも有名な一人がドイツのWerner Weiser氏。彼は自分でステレオカメラのカタログを作っている。「STEREO CAMERAS SINCE1930」この本には各種ステレオカメラのどこよりも詳しいスペック、製造年、おおよその製造数など充実した情報が載っている。
 ページをめくっていくとDrimonというカメラが載っている。日本製。はて?・・・よく見ればドラえもん。バンダイがドラえもんの秘密道具の一つというコンセプトで販売した、110フィルムを使うステレオカメラだ。こういうものまで収録されているとは。
 ドラえもんはともかく、使ってみたい気になるカメラが表紙を飾っているキルフィット・ステレオ。ビューファインダーが大きくて使いやすそう。下側の窓は距離計かな。パーツの配置から想像すると、他のカメラとは全く異なるコンセプトでデザインされているに違いない。この辺りは実物を触ってみなければわからない。あるいは分解して内部を・・・。
 なんと残念なことに、この本によるとおおよその製造数は6だそうである。単位は台。6台。これでは手に入れるのはまず無理だ。現物さえお目にかかれるかどうか。きっとどこかの博物館にでもあるのだろう。そう、海外の。
 珍しいカメラは諦めるとしても、Werner Weiser氏の本は改定もされていて、今でもebayで手に入れることができる。


  
△ドラえもん(笑)

投稿者 J_Sekiguchi : 2017年10月19日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆいレール

那覇空港から那覇市内へは「ゆいレール」が便利です。
ステレオ写真は遠景が苦手です。立体感が薄くなっちゃうんだよね。。。
という見本。。。と思って見てみて。。。

Stereo Realist F2.8 / Fujifilm RVP 100

クリックすると大きな画像が出ます。交差法でご覧下さい。

投稿者 J_Sekiguchi : 2017年10月12日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

ステレオカメラの資料

 僕がステレオカメラを手にしたきっかけとなったのが、「カメラレビュー クラシックカメラ専科 No.27」(朝日ソノラマ)だ。カメラレビュー誌は特集としてその時々のテーマを深く掘り下げているのでなかなか面白い。ステレオ特集となるNo.27はステレオワールドと題して1993年12月に発行された。ステレオ以外の記事も載っているが、約70ページに立体写真撮影と鑑賞に関わる情報が凝縮されている。
 この本の凄いところは、単なるメカの紹介としてカメラ情報を載せているのではなく、立体写真の原理から各種撮影方法、鑑賞のしかたまで詳細に記述されていること。これ一冊あれば、立体写真をどのように楽しむか、という自分なりのスタイルをデザインすることができる。
 僕はこの本を熟読して、まずはリアリストフォーマットのカメラとビュアーを買って、ステレオスライドで鑑賞、ゆくゆくはマクロ撮影にも挑戦、6×6フォーマットは余裕ができてからかな、なんて考えた。この本をカバンに忍ばせて、新橋、銀座界隈の中古カメラ店を巡った頃を思い出す。
 中古カメラ店で手に入るステレオカメラはこの本に網羅されていて、基本的なスペックも紹介されているから、どれを買うかはこの本の情報でおおよそ絞り込んでおいた。シャッタースピードの範囲が充実していて、距離計連動で、リアリストフォーマット。こうして絞り込むと、リアリスト、リベア、ウォーレンサック、ビビッド、カラリストⅡ、エディクサⅢA、キンダー、アルペンの8種類。あれ?、後から気付いたけど、この本にはラピッドが載ってないですね。
 それはともかく、国内の中古カメラ店で手に入るものといえば、リアリスト、リベア、ウォーレンサック、ビビッド、カラリストⅡぐらいになる。さらにレンズはF3.5より明るく、という贅沢な絞込みをするとリアリストかウォーレンサックのどちらかになり、価格的にも手に入りやすい方ということでリアリストに行き着く、というわけです。
 僕がステレオ沼にはまったのは、この本の中で数々のステレオカメラを紹介するだけでなく、ステレオ撮影から鑑賞に至るまでのプロセスを書かれた島和也氏のおかげと感謝しています。この本の中にはその他の方々が色々なアプローチで立体写真について語られています。資料価値として第一級と思われる一冊、古本でも手に入る環境の今、一読されてはいかがだろう。


投稿者 J_Sekiguchi : 2017年10月05日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

フォルティアの世界②

フジフイルムがおよそ10年前に発売した挑戦的なフィルム。
記憶では春先に期間限定で発売されて、翌年の春先には色調を若干変えてまた期間限定で。
でもそれっきり。
ついに継続して販売されることはなかった幻のようなフィルム。
またこんな感じで撮りたいな。と思っても今はどうにもならない。


マクロ専用ステレオカメラ(自作) / Fujichrome Fortia

クリックすると大きな画像が出ます。交差法でご覧下さい。

投稿者 J_Sekiguchi : 2016年09月15日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

Airquiptステレオシアターの改造

 まずはこのビュアーの入手に関するご紹介。僕はebayで手に入れましたが、ケース付き、スライドトレイ1個付きの普通品で200ドル近辺が相場のように思う。これに輸送料が加算。比較的大きな品物なのでちょっと高い。僕は割安の船便で送ってもらったが、到着まで約1ヶ月待たねばならない。取引終了まで時間がかかる船便は、最近の売り手さんには不評のようです。
 通販は安価に手に入るものの事前の現物確認が難しく、ある意味賭けのようなところがある。ビュアーのようなものは、実際に覗いてみて納得したうえで購入したい。国内の中古カメラ屋さんでもたまに入荷することがあるから、そのときはチャンス。
 さて、どのような経路で入手したとしても、古いものだからメンテナンスは必要だ。まず、内部の金属部品。内部には何らかのメッキを施した金属部品が使われているが、これが酸化して粉を吹いたようになっている場合がある。僕のがそうでした。分解すればきれいにできるけど、分解にはちょっと面倒な構造。壊したくないので、開口部からアクセスできる範囲でクリーニング。電気の接点関係が正常に機能していればまずは大丈夫。光学系はユニットが外れ、単純な構造なのでてクリーニングが簡単。
 もう一つ、劣化しやすいのが鏡だ。曇っていたり、傷があるのは当たり前と考えていい。これを交換するには普通の鏡ではダメ。一般的な鏡はガラス板の裏面にアルミ蒸着されていて、表のガラス面でもわずかに反射するので画像が二重に見えてしまう。表面鏡と呼ばれる、鏡の表面のみで反射する鏡が必要だ。こういったものは入手が難しいと思いきや、万華鏡の自作用に安価に市販されている。これをガラス切りでちょうど良い大きさにカット。交換は面倒だから、古い鏡の上に両面テープで貼り付ければ簡単。
 最後に光源の改造です。電球なので色味が赤い。これをいつものように色温度変換のゼラチンフィルターで改善。画面の光ムラもなくすため、乳白色のプラスチック板にフィルターを付けてセット。僕はゴム磁石を使って光源の金属枠に取り付けました。


▲青く塗ったところが色温度変換フィルター

投稿者 J_Sekiguchi : 2016年09月08日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

フォルティアの世界①

フジフイルムがおよそ10年前に発売した彩度を極端に上げたリバーサルフィルム。
期間限定で発売されたとはいえ、かなり挑戦的な商品でした。
このフィルム、かなり硬調で、シャドーは簡単に潰れてしまいます。
キク科の花だと思いますが、背景を黒く落として撮影しました。
植物のグリーンが不思議な色彩で暗闇から浮かび上がります。


マクロ専用ステレオカメラ(自作) / Fujichrome Fortia

クリックすると大きな画像が出ます。交差法でご覧下さい。

投稿者 J_Sekiguchi : 2016年09月01日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

Airquiptステレオシアターの詳細

 このビュアー、スライドチェンジャーを内蔵しているため、一般的なステレオビュアーとは異なり、銘菓ひよ子のような姿をしている。はじめて見たときは何だこれと思ったんだが、これがなかなか良くできている。光学系はレッドボタンビュアーと同様、目幅調整とフォーカス調整ができる。レンズの倍率も見え具合も、その他のビュアーとだいたい同じ。ただ一つ、変っているのはこのレンズユニットを外してみると工夫が現れる。フォーカスノブをいっぱいに回せば、レンズユニットが本体から外れます。
 レンズユニットを外した本体の開口部には、その他のバックライトビュアーと同様、豆電球がセットされていてその周りをお椀型の反射板が囲んでいる。特徴的なのは、その間に鏡が置いてある。はて、なんでこんなところに鏡があるのでしょう。
 そのひみつは図を見ていただきたい。操作レバーを押し込むと下側からスライドが押し出されるしくみがあり、同時にバックライトが点灯する。ライトとスライド、光学系を結ぶ線を途中で鏡を使って折り曲げているのだ。折り曲げずに直線のままで光学系を配置すると、覗き口とスライドトレイが近くなり、使いにくいと考えたのかな。なかなか面白いアイデア。使いやすい配置になっている。
 ただ、この配置だと鏡で画像が反転されるので、スライドを裏から観賞することで正像を観賞できるようにしている。そのため、スライドトレイへのセット方法は、一般的な映写機で上下さかさまに差し込んでゆく要領ではなく、上下はそのままに、表面を正面にして順に差し込んでゆくことになる。このトレイセット方法はとても単純で、これも使いやすさにつながっている。
 トレイには24枚のスライドをセットできる。36枚撮りフィルム一本でリアリストサイズのスライドは29枚作れるから、もうちょっとトレイを大きくすれば良かったのにとも思う。ただ、トレイを大きくすると、本体の大きさもその分大きくなるから、このビュアーの設計者はそんなところの葛藤の末、仕様を決めていったんじゃないか。

投稿者 J_Sekiguchi : 2016年08月25日 10:00 | コメント (0) | トラックバック (0)