STEREO CLUB TOKYO

Reel 3-Dカタログ(続き)

 Reel 3-Dで販売していたのはステレオ用品だけでなく、カメラの取扱説明書のコピーも販売していた。中古カメラの購入で困るのが、取扱説明書が付いてこないこと。まあ、たいていのカメラは説明がなくても使えるのだけれど、説明を見てなるほどと思うものもある。Reel 3-Dの凄いところは、ステレオカメラや付属品類の取扱説明書まで豊富に取り揃えている、ということ。本来の目的でなくても、この取扱説明書をコレクションするだけでステレオカメラの歴史を語ることができそうである。
 こういったものも含め、Reel 3-Dのカタログには、ステレオ写真を楽しむために必要なものはほぼそろっていたという驚きの事実。見落としがちな、ストロボを使った撮影のための機材。日本のストロボメーカーニッシンのグリップ型ストロボがカタログに載っている。ニッシンは米国でも信頼のブランドとして浸透している。面白いのは、リアリストは左手シャッターなので、グリップの取り付けを切り替えて右側に配置すればもっと使いやすいだろうに、と。僕はニッシン製ではないが、グリップの位置を切り替えたストロボを使っている。どのストロボを使うにも必要な、ホットシューに出っ張りのあるカメラのためのアダプターも用意されていた。これがないとリアリストはもちろん、リベアなどでもストロボを使うのが難しくなる。必需品です。
 さて、このほかのアイテムについては次回紹介。

  
△取扱説明書リストの一部。まだまだあります。

投稿者 J_Sekiguchi : 2017年11月30日 10:00 | コメント (0) | トラックバック

Reel 3-Dカタログ

 ステレオカメラとビュアーを手に入れると、いろいろ必要になってくるものがある。たとえばステレオマウント。今では販売してくれるところもなくなってしまったが、かつてはネット通販をしていた米国のショップReel 3-D Enterprises,Inc. があった。既に惜しまれながら閉店となった。ここの2000年のカタログがある。
 ステレオマウントだけでも数種類あり、フレームのサイズ、方式などさまざま。いつも使っていたのが、アイロンで接着する紙マウント。カタログによると、100枚で$7.95(安い!)、これに送料がかかる。たびたび買い足すのも面倒なので、たくさん撮影するようになってからは、1250枚入り$69.95を一番送料の安い船便で送ってもらうようにしていた。とても便利だった。
 ステレオスライドを保管するためのクリアホルダーも便利だ。日本の規格にはない3穴のファイルが必要だけど、ファイリングされたステレオスライドはビュアーを使って鑑賞するときにとても重宝する。旅行に行ったときのスライドを順番に並べてファイルしておくと、旅程を思い出しながらファイルをめくり、気が向くままにその時に立っていた場所の風景を再生してくれる。
 ビュアーも簡易なものならReel 3-Dで購入することができた。カタログにあるSV1ビュアーはなんとひとつ$3.25である。カタログの同じページにあるLife-Likeビュアーも買ったけど、僕はSV1ビュアーの方が好きだったな。これもずいぶんたくさん買いました。
 このカタログには他にもいろいろ面白いものがあるので、次にそれらを紹介しましょう。

    

投稿者 J_Sekiguchi : 2017年11月16日 10:00 | コメント (0) | トラックバック

リアリスト・リペアマニュアル

 ステレオリアリストを修理したい。こんなときどうしよう。昔のカメラだから、修理してくれるところなんてないだろう。初めてカメラを手にしたときにそう思った。それぐらい昔のものに思えたからね。
 実際にはこの手のカメラを修理してくれる専門のショップはあるので、お金はかかるけどどうにかなる。その辺りに気が付いた時にはもうこのリペアマニュアルを購入していた。エド・ロムニーの「stereo-REALIST CAMERA REPAIR」である。全文英語。
 この本はアメリカのEdward H Romney氏が書いたもの。彼はカメラの専門家のようで、リアリストに限らず各種カメラについてこのような本を出している。僕がこの本を購入したコスモシステム研究所の説明によれば、これらの本はロムニーブックといい、ロムニー氏がタイプライターで作成した原稿をもとにCanon 6600 Copierというコピー機を使って家内工業的に作っているもの、だそうだ。日本国内ではカメラ修理の資料が皆無という状況にあり、ロムニーブックを輸入し販売しているということだった。
 内容は修理マニュアルというよりは、リアリストとはどのようなカメラなのかということを紹介しており、なかなか興味深いものだった。修理に関する情報としては、内部の構造がわかる写真数点と、これを解説した記述があるが、これを見れば素人でも修理ができるというものではない。だけど、内部の構造について丁寧に紹介されており、実際にカメラを分解しながら読み進めると、リアリストの設計コンセプトのようなものまで読み取れるような気がして面白い。
 驚くべきは、この本でもビュアーや付属品に関する記述があり、単純なカメラメカの解説本にとどまることなく「ステレオ写真の楽しみ方」というような視点で書かれていることだろう。フィルム時代の立体写真については、日本より欧米の方がずっと進んでいたし、立体写真を心底愛好している人達がたくさんいたということが改めてわかる。そういう意味でも貴重な資料だと思う。

  

投稿者 J_Sekiguchi : 2017年11月02日 10:00 | コメント (0) | トラックバック

ステレオカメラ・カタログ

 ステレオカメラを網羅したカタログというものがあったらいいのに。今でも、ネット情報を検索して得られる、フィルムを使うステレオカメラの情報は限られている。リアリストのような量産されたカメラの情報はある程度手に入るものの、その他のものになるとぐっと情報が少なくなる。
 僕がリアリストを手に入れた1998年頃、ステレオカメラの情報を探っていると、日本より海外の方がステレオカメラの愛好家が多く、またマニアック度が高い人達がいるという事がわかってきた。その中でも有名な一人がドイツのWerner Weiser氏。彼は自分でステレオカメラのカタログを作っている。「STEREO CAMERAS SINCE1930」この本には各種ステレオカメラのどこよりも詳しいスペック、製造年、おおよその製造数など充実した情報が載っている。
 ページをめくっていくとDrimonというカメラが載っている。日本製。はて?・・・よく見ればドラえもん。バンダイがドラえもんの秘密道具の一つというコンセプトで販売した、110フィルムを使うステレオカメラだ。こういうものまで収録されているとは。
 ドラえもんはともかく、使ってみたい気になるカメラが、表紙を飾っているキルフィット・ステレオ。ビューファインダーが大きくて使いやすそう。下側の窓は距離計かな。パーツの配置から想像すると、他のカメラとは全く異なるコンセプトでデザインされているに違いない。この辺りは実物を触ってみなければわからない。あるいは分解して内部を・・・。
 なんと残念なことに、この本によるとおおよその製造数は6だそうである。単位は台。6台。これでは手に入れるのはまず無理だ。現物さえお目にかかれるかどうか。きっとどこかの博物館にでもあるのだろう。そう、海外の。
 珍しいカメラは諦めるとしても、Werner Weiser氏の本は改定もされていて、今でもebayで手に入れることができる。


  
△ドラえもん(笑)

投稿者 J_Sekiguchi : 2017年10月19日 10:00 | コメント (0) | トラックバック

ステレオカメラの資料

 僕がステレオカメラを手にしたきっかけとなったのが、「カメラレビュー クラシックカメラ専科 No.27」(朝日ソノラマ)だ。カメラレビュー誌は特集としてその時々のテーマを深く掘り下げているのでなかなか面白い。ステレオ特集となるNo.27はステレオワールドと題して1993年12月に発行された。ステレオ以外の記事も載っているが、約70ページに立体写真撮影と鑑賞に関わる情報が凝縮されている。
 この本の凄いところは、単なるメカの紹介としてカメラ情報を載せているのではなく、立体写真の原理から各種撮影方法、鑑賞のしかたまで詳細に記述されていること。これ一冊あれば、立体写真をどのように楽しむか、という自分なりのスタイルをデザインすることができる。
 僕はこの本を熟読して、まずはリアリストフォーマットのカメラとビュアーを買って、ステレオスライドで鑑賞、ゆくゆくはマクロ撮影にも挑戦、6×6フォーマットは余裕ができてからかな、なんて考えた。この本をカバンに忍ばせて、新橋、銀座界隈の中古カメラ店を巡った頃を思い出す。
 中古カメラ店で手に入るステレオカメラはこの本に網羅されていて、基本的なスペックも紹介されているから、どれを買うかはこの本の情報でおおよそ絞り込んでおいた。シャッタースピードの範囲が充実していて、距離計連動で、リアリストフォーマット。こうして絞り込むと、リアリスト、リベア、ウォーレンサック、ビビッド、カラリストⅡ、エディクサⅢA、キンダー、アルペンの8種類。あれ?、後から気付いたけど、この本にはラピッドが載ってないですね。
 それはともかく、国内の中古カメラ店で手に入るものといえば、リアリスト、リベア、ウォーレンサック、ビビッド、カラリストⅡぐらいになる。さらにレンズはF3.5より明るく、という贅沢な絞込みをするとリアリストかウォーレンサックのどちらかになり、価格的にも手に入りやすい方ということでリアリストに行き着く、というわけです。
 僕がステレオ沼にはまったのは、この本の中で数々のステレオカメラを紹介するだけでなく、ステレオ撮影から鑑賞に至るまでのプロセスを書かれた島和也氏のおかげと感謝しています。この本の中にはその他の方々が色々なアプローチで立体写真について語られています。資料価値として第一級と思われる一冊、古本でも手に入る環境の今、一読されてはいかがだろう。


投稿者 J_Sekiguchi : 2017年10月05日 10:00 | コメント (0) | トラックバック